家族信託

​万が一、痴呆症になったら

65歳以上の高齢者の認知症患者数と有病率の将来推計についてみると、平成24(2012)年は認知症患者数が462万人と、65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)であったが、37(2025)年には約700万人、5人に1人になると見込まれています。痴呆症と診断されるとご家族の意思で預金の引き出しやあらゆる事で制限がかかります。家族信託とは、お元気なうちに万が一痴呆症や判断能力を失った場合の措置を、今のうちに決めておく事が出来ます。もちろんお元気なうちは、何ら今の生活を変える必要がありません。将来のご家族に大きな負担を与えずに済む「家族信託」の概略だけでも知っておいて損はありません。

 

TEL:03-6825-3165

©2020 by 株式会社クレセール